ローンしたケースは、返済自体をする時には利率を乗せた返金になるのは知っていると思います。

銀行又は金融機関は収益を狙いとした業者なのですから無論問題ありません。

とはいえ返済する方は、1円でも少なく返金したいと思うのが心中でしょう。

利息制限法が定められる以前は年30%近い利率を払わされていましたが、適用後は高利子でも18%位ととっても低く定められていますので、とっても良くなったと思います。

この頃のローンの利子の範囲は4%位から18%位の幅が設けられていて、利用可能額により定められます。

利用上限額は借り主の与信によって決定されます。

総量制限により一年の収入の1/3までと設けられていますので、年の収入がいくらなのか?どういった職についているのか?クレジットの使用履歴はどうなのか?あれこれ調べられ貸付可能金額としてクレジットカードの内容が決められます。

カードローンの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各業者で使用可能額は異なります)と広い幅があります。

そしてその範囲の中で定めた利用可能金額により利子も決まります。

50万円なら年間18%、300万円なら年間12%、800万円なら年間4%といった数値になります。

いわば、与信が高ければ、与信限度額も高くなり、利率も低くなるというわけです。

この利率に違和感を抱くのは自分だけでしょうか?余談となってしまいますが、銀行又は金融機関にとって、それらの事実は当然なのでしょうが、年の収入の多い人がキャッシングローンが不可欠と思えませんし、もしもキャッシングローンを利用した時でも利率が高かろうが低かろうが、お金を返す事に困る事はないです。

むしろ年の収入悪い人は咄嗟にお金がほしいからキャッシングするという方がいて、利息が多いと返済に苦労するはずです。

なので利用可能枠の少ない人にこそ低利率で使用できるようにするべきです。

これは使う立場としての意見です。

この事を念頭に置くと、利子を少なくする為にはどのようにすれば良いのか漠然と気付いたと思います。

実際にこれから述べる方法で、手続きを申し込む人がたくさんいるので教えますと、キャッシングサービスの申請をする時、年収の1/3ぎりぎりの利用上限まで申込みを行うのです。

カード審査で申し込んだ満額通ればその分金利が良いキャッシングできるカードを手にすることができるのです。

であっても上限ギリギリまで使わなければならないわけでもないのです。

15万円でも50万円でも必要な金額だけ利用ができます。

さらに上限利用可能金額が300万円で最低利息年間7%位のローン業者も存在しますので、その金融会社に申請すればその会社の最低利子で利用できるようになります。

どう感じましたか?アプローチを変えるだけで低利息のキャッシングカードを持つことが出来るはずです。

自分の一年の収入とカード会社の利息を比較し、調査に時間を費やせば、より満足できる契約で返済ができるので、きちんと調べるようにしなければなりません。

Copyright © 2002 www.3ento.com All Rights Reserved.