融資を受けた時、お金を返す時には利息を含めての返金になるのは知っているはずです。

カード会社は利益を目当てとした業者なのですから必然です。

ですが返金する方は、1円でも少なく返済したいと考えるのが内心でしょう。

利息制限法が施行される以前は年率30%近い利子を支払わされてましたが、施行後は高利率でも年率18%位といくぶん低く決められているので、とってもリーズナブルになったような気がします。

最近のローンの利率の範囲は4%位から18%位の枠に定められていて、利用上限額により決められます。

使用可能額は申請者の評価によって影響します。

総量制限により年の収入の1/3までと設けられていますので、年の収入がどの程度なのか?どういった職業についているのか?クレジットの利用状態はどうなのか?等が確認され与信限度額としてキャッシングサービスの内容が決まることになります。

カードローンの場合利用できる金額が10万円〜800万円(各業者で使用可能額は同じではありません)と広い幅があります。

そうしてその範囲の中で決定した利用可能額により利子も決まってしまいます。

50万円なら年率18%、300万円なら年間12%、800万円なら年4%といった数値になります。

つまり、信用が高評価であれば、与信額も多くなり、利率も下がるはずです。

この利子に違和感を覚えるのは私しだけでしょうか?カード業者にとって、これらは常識でしょうが、収入の多い人がキャッシングローンができないと困るとは考えずらいですし、もしキャッシングした場合でも金利が良かろうが悪かろうが返済に悩む事はないはずです。

反って収入の低い人は直ぐに必要だから借り入れを行う方が大半です。

利率が悪いとお金の支払いに追い込まれることになります。

なので可能範囲の低い人にこそ低利息で利用できるようにするべきです。

これらは利用する立場としての意見です。

これらの事を踏まえて、金利を少なくする為にはどうするべきかぼんやりと分ったはずです。

実際にこれから書く方法で、申し出をする人がたくさんいるので知らせますと、キャッシングサービスの申し込みをする時に、年収の1/3ぎりぎりの金額まで申込みをするのです。

年収600万円なら200万円。

このキャッシング審査で全額通ればその分だけ利息が低いキャッシングできるカードを手に入れることができるのです。

と言って上限ギリギリまで使用しなければならないわけではありません。

5万円でも20万円でも必要な分だけ使用できます。

そして上限利用可能額が300万円で最低金利年7%位の金融会社も有りますので、その会社に手続きをすればその金融会社の最低利率で使用できます。

どう感じましたか?アプローチ次第で低金利のカードローンを手にすることが出来るはずです。

自身の収入と金融業者の利率を並べて、考える事に時間を掛ければ、より満足できる状態でキャッシングできるので、ちゃんと調査するようにしてください。

Copyright © 2002 www.3ento.com All Rights Reserved.