クレジットを店頭にて利用する際に、思ったことがおありかと察しますがレジの担当者がわかっていないことでどの紙をお客さんの方に渡すのかわかっていない時があるはずです。といいますのも、クレカを使うと、機械数枚の利用明細が出てくるためでありどの1枚をカード利用者に対して渡すべきか判断できないというケースがあるのです。3組綴りの紙の内容>上記の複数の明細の正体とははいかなるものなのかを要約すると↓の内容になります。1カード利用者に渡す明細レシート。2店舗控え用の使用レシート。3クレジットカード会社保管用明細レシート(署名をする紙)。普段はあたりまえのように利用者のもとへ渡さなければいけない使用レシートをもらうのだがたまに、お店の控え紙を利用者に誤って渡すということであったり記名した方の使用レシート自体を渡すケースすら見られます。このようなパターンはパートの従業員に対してや普段からクレジットが使われることの少ない店頭で会計する際クレジットカードを提示するとそれらの店舗スタッフの心の乱れが見れると思います。。スタッフが誤った利用レシートというものを渡してきた場合は、怒りを抑えて「こちらじゃありませんよ」などと教育してみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2002 www.3ento.com All Rights Reserved.