新車と中古車を比較すると、最も大きな差がつくポイントがメンテナンス費用です。 新車であれば未使用の状態で納車されるので車に不都合はありません。もし万一故障や不具合が発生したとしても、初期不良であればディーラーが対応してくれますし、一般的なディーラーであれば、購入後一定期間は保証がついていますから、余計な費用を負担する心配はありません。 中古車の場合は事情が大きく異なります。 販売されている中古車の整備状況は、販売店によって大きく異なります。徹底した点検・整備をしてから販売している店もあれば、買い取った車をそのままの状態で販売している店もあります。 店によっては、整備費用を抑えることで、低価格での販売を実現していることもあります。安く購入できたとしても、後で修理費用が高くついてしまう可能性があるのは、大きな注意点です。 最近は、中古車店であっても、購入後の保証サービスを実施している店があるので、心配な方は、そういったサービスを実施している店で中古車を購入することをオススメします。

Copyright © 2002 www.3ento.com All Rights Reserved.